2013年 11月 12日 ( 3 )
高適
高適_c0169176_17144035.jpg

除夜作
 高適

旅館寒燈獨不眠 客心何事轉凄然 故郷今夜思千里 霜鬢明朝又一年

除夜の作
 高適 かうせき

旅館の寒燈獨り眠らず 客心何事ぞ轉々凄然 故郷今夜千里を思ふ 霜鬢明朝又一年

旅のやどりのさむざむとした灯火の下で、ひとり目が冴えて眠れない。旅する人の心にはどうしたことか、ぞっとするようなもの悲しさがこみあげてくる。故郷では今夜はみんなが集まって、千里も遠くにいるわたしのことを思ってうわさをしていることだろう。旅の苦労と、よる年波に兩鬢は白く霜をおいたが、明日の朝は、また一つ年をとるのだ。
by mteisi | 2013-11-12 17:15 | 唐詩選七絶
山家集949596
山家集949596_c0169176_16572294.jpg
am7:06
興雲雄躍青天靜虚


山家集949596_c0169176_1657294.jpg
春の曙花見けるに鶯の鳴きければ
花のいろに聲やそむらんうぐひすの鳴くねことなる春の曙


山家集949596_c0169176_16573363.jpg
春は花を友といふことをせか院のさい院にてひとびと詠みけるに
あのづから花なき年の春もあらば何につけてか日をくらさまし


山家集949596_c0169176_1657357.jpg
老見花といふことを
老づとに何をかせまし此春のはな待ちつけぬわがみなりせば
by mteisi | 2013-11-12 17:09 | 山家集
蜜_c0169176_16542367.jpg

ミツ みつ・はちみつ

正字はワ冠に鼎を書きその下に虫を二つ並べる。
養蜂の巣箱に蜂の集まる形を示した。
蜂蜜は栄養剤であるとともに、
死者をひたして蜜人とするとミイラになる。
また、蜜蝋で印璽を作って、
死者に贈ることもあった。
by mteisi | 2013-11-12 16:55 | 語源で遊ぶ