2013年 12月 30日 ( 3 )
山家集238239240
山家集238239240_c0169176_8331894.jpg
am8:09
雨意為雲暗然覗空


山家集238239240_c0169176_8332215.jpg
題不知

夏山の夕下かぜの涼しさにならの木かげのたたまうきかな


山家集238239240_c0169176_8332539.jpg
撫子

かき分てをれば露こそこぼれけれ淺茅にまぢる撫子の花


山家集238239240_c0169176_8332896.jpg
雨中撫子ということ

露おもみそのの撫子いかならんあらく見えつる夕たちの空
by mteisi | 2013-12-30 08:42 | 山家集
羊士諤
羊士諤_c0169176_8301438.jpg

郡中卽事
 羊士諤

紅衣落盡暗香殘 葉上秋光白露寒 越女含情已無限 莫敎長袖倚闌干

郡中卽事
 羊士諤

紅衣落ち盡して暗香殘る 葉上の秋光白露寒し 越女情を含むこと已に限り無し 莫長袖をして倚闌干によらしむること莫かれ

蓮の花の紅の衣はすっかり散って、そこはかとない香りも薄れてかすかににおう。大きい葉の上に置いた白露も、秋の光があかるくうつって寒げである。越国の美女がもの思いにふける風情は、それだけで、もうかぎりないなやましさだ。このうえ、長い舞の袖を、あの闌干によりかからせないでくれ。あの蕪殘にうらがれた蓮のすがたを眺めたなら、さぞかし、いまいましいようすをすることだろうから。
by mteisi | 2013-12-30 08:30 | 唐詩選七絶
巾_c0169176_8215316.jpg

キン ひざかけ・きれ・てふき

象形。
佩巾の形。
腰に帯びる布であるが、単なる布巾ではなく、
儀礼のときに用いる重要なもの。
by mteisi | 2013-12-30 08:25 | 語源で遊ぶ