2014年 01月 05日 ( 3 )
山家集256257258
山家集256257258_c0169176_7442934.jpg
am7:24
かさなりのふかみのぐれえあおまぜて


山家集256257258_c0169176_7443595.jpg
松風如秋といふことを北白川なる所にて人々よみたまた水聲秋たりといふことを重ねけるに

松かぜのおとのみ何か岩走る水にも水にも秋はありけるものを


山家集256257258_c0169176_7443752.jpg
山家待秋といふことを

山里は外面のまくず葉をしげみうら吹かへす秋を待つかな


山家集256257258_c0169176_7444142.jpg
六月祓

御祓してぬさとりながす川のせにやがて秋めく風ぞ涼しき
by mteisi | 2014-01-05 07:55 | 山家集
張祜
張祜_c0169176_7423691.jpg

雨淋鈴
 張祜

雨淋鈴夜卻歸秦 猶是張徽一曲新 長説上皇垂淚敎 月明南内更無人

雨淋鈴
 張祜

雨淋鈴の夜卻って秦に歸る 猶是れ張徽一曲新なり 長く説く上皇淚を垂れて敎へしを 月明かにして南内更に人無し

雨がしとしと降りつづき、鈴の音とひびきあう行路の夜の印象がこの悲曲をつくらせたが、そのまま、お上は長安の郡にお帰りになることができた。昔、楊貴妃と遊宴の日々をお送りになった驪山の温泉宮においでになって、いつもお供をしている音樂師の張徽にまたこの曲を演奏させられた。それは今さらのようにまざまざと新しい悲しみをさそうものだった。張徽がいつも人に向かって「お上はさめざめとお涙を流されながら、わたしにこの曲を教えてくださった」と語った。「月のあかるい晩、ただ月が明るく照らすばかりで、お上が垂れこめておわした南内の御殿には、がらんとして昔のおつきの人々など一人もいなかった。」
by mteisi | 2014-01-05 07:44 | 唐詩選七絶
阜_c0169176_7335157.jpg

フ 神悌・おか・おおきい

象形。
神様の梯子の形。
神が天に陟降するときに用いる梯で、
この部に属するものは神事に関するものが多い。
[説文]に「大いなる陸(おか)なり。山の石なきものなり。象形」とする。
しかし山岡をこのように垂直の形にかくことはなく、
卜文・金文・篆文の形から神悌であることは明らか。
by mteisi | 2014-01-05 07:40 | 語源で遊ぶ