2014年 01月 19日 ( 3 )
百人一首111213
c0169176_7493730.jpg
am7:39
つきみちてあさのべにいろうっすらと


c0169176_7494113.jpg
参議篁

わたの原八十島かけて漕ぎ出ぬと人には告げよ海人の釣舟


c0169176_7494390.jpg
僧正遍昭

天つ風雲の通ひ路吹きとぢよをとめの姿しばしとどめむ


c0169176_7494663.jpg
陽成院

筑波嶺の峰より落つるみなの川恋ぞつもりて淵となりぬる
by mteisi | 2014-01-19 07:55 | 百人一首2
崔魯
c0169176_7472049.jpg

華清宮
 崔魯

草遮囘磴絶鳴鑾 雲樹深深碧殿寒 明月自來還自去 更無人倚闌干

華清宮
 崔魯

草は囘磴を遮って鳴鑾を絶つ 雲樹深深として碧殿寒し 明月自ら來り還自ら去る 更に人の闌干に倚る無し

草が生いはびこって、めぐりめぐった石段をふさぎ、天子のおいでの折の御車の鈴の音も絶えはてた。雲のたちこめた木々が茂りあい、青く塗った御殿がさむざむとしずまりかえっている。明月がひとでにやってきて、またひとりでに去ってゆくが、もはや玉のおばしまによりかかる人の姿はない。
by mteisi | 2014-01-19 07:47 | 唐詩選七絶
c0169176_7341311.jpg

ロウ おり・ひとや・かこむ・ひくい

会意。
宀と牛とに従う。
宀は家の形ではなく、
もと牢閑とよばれる牛舎の柵の形であるから、
字はワ冠に牛と書くのがよい。
卜文ではその中に牛や羊を入れる形作る。
今日の一筆は羊が入っている。
by mteisi | 2014-01-19 07:40 | 語源で遊ぶ