2014年 02月 23日 ( 4 )
朝歌2月23日
c0169176_8204126.jpg
am6:58
すわりしてそらのしろさのはだをさし


c0169176_820469.jpg

by mteisi | 2014-02-23 08:22 | 朝歌
山家集298299300
c0169176_8143384.jpg
野の家の秋の夜

寝覚めつつ長き夜かなといはれ野にいく秋までも我身經ぬらん


c0169176_8143579.jpg
あきの歌に露をよむとて

大かたの露には何のなるならんたもとにおくは涙なりけり


c0169176_8143925.jpg
山里に人々まかりて秋のうたよみけるに

山里の外面の岡の高き木にそぞろがましき秋のせみかな
by mteisi | 2014-02-23 08:17 | 山家集
陸游
c0169176_8122177.jpg

舟中感懷三絶句、呈太傳相公、兼簡岳大用郎中
 陸游

浪中鞺鞳雨聲寒 孤夢初囘燭半殘 甲子一周胡未滅 關山還帶涙痕看

舟中の感懷の三絶句、太傳相公に呈し、兼ねて岳大用郎中に簡す
 陸游

浪中鞺鞳として雨聲寒し 孤夢初めて囘れば、燭半ば殘す 甲子一周するも胡未だ滅せず 關山還た涙痕を帯びて看る

川波の中へどうどうと降りそそぐ雨の音は、さむざむとこ聞こえる。ひとり寝の夢からさめれば、灯火は半ば燃えきっていた。私はこれで、干支がひとまわりしたわけだが、再狄はまだ滅亡していない。境をなす山々は、やはり袖に波のあとを残しながら眺めるばかりだ。
by mteisi | 2014-02-23 08:13 | 唐詩選七絶
c0169176_825758.jpg

ギ・キ ぐんたい・たわむれる

会意
旧字は戲。
扁のキと戈とからなる。
戈でキを後ろから撃つ形。
虎頭の人が豆形の台座に腰掛けている形。
古く軍中の遊戯としてこれを撃つ舞楽があり、
もと軍事に関する字である。
by mteisi | 2014-02-23 08:10 | 語源で遊ぶ