2014年 02月 28日 ( 4 )
朝歌2月28日
朝歌2月28日_c0169176_08384007.jpg
am7:17
そらたちてしらくもみょうにたちており

朝歌2月28日_c0169176_08384675.jpg


by mteisi | 2014-02-28 08:40 | 朝歌
山家集313314315

山家集313314315_c0169176_08321859.jpg

うれしとや待人毎におもふらん山の端いづる秋のよの月


山家集313314315_c0169176_08322260.jpg
なかなか(脱字)に心つくすも苦しきにくもらは入りぬ秋のよの月


山家集313314315_c0169176_08330374.jpg
いかばかり嬉しからまし秋のよの月すむ空に雲なかしせば


by mteisi | 2014-02-28 08:36 | 山家集
陸游
陸游_c0169176_08270960.jpg

 陸游


兒童冬學鬧比隣 據案愚儒却自珍 授罷村書閉門睡 終年不著面看人


 陸游


兒童の冬學比隣を鬧がす 案に據る愚儒却って自ら珍とす 村書を授け罷んで門を閉ぢて睡り 終年面をそて人に看しめず


子供たちが冬季の塾へかようというので、隣近所はにぎやかだ。机を前にして坐ったへぼ先生は、へぼなくせに、えらそうな顔をしている。教科書を教えてしまったあとは、門をしめて眠るだけ。一年中、人に顔を見せようともしない。



by mteisi | 2014-02-28 08:28 | 唐詩選七絶
則_c0169176_08165556.jpg
ソク のっとる・すなわち

象形
正字は鼎と刂とからなり、
鼎側に刀を加えて文を刻する意。
いわゆる銘文で、
重要な契約事項は鼎銘として保存し、
それが証書的な機能をもつのであった。


by mteisi | 2014-02-28 08:22 | 語源で遊ぶ