2014年 03月 09日 ( 4 )
朝歌3月9日
朝歌3月9日_c0169176_08023406.jpg
am6:52
むらさきのうすねずににるぼうとして

朝歌3月9日_c0169176_08024288.jpg

by mteisi | 2014-03-09 08:04 | 朝歌
山家集340341342
山家集340341342_c0169176_07585954.jpg

八月十五夜

秋はただ今夜一よの名なりけりおなじ雲居に月はすめども


山家集340341342_c0169176_07592518.jpg

おもひせぬ十五のとしもあるものを今夜の月のかからましかは


山家集340341342_c0169176_07563578.jpg
くもれる十五夜を

月みれば影なく雲につつまれて今夜ならずばやみに見えまし


by mteisi | 2014-03-09 08:00
陸游
陸游_c0169176_07541038.jpg

雑感

 陸游

世間魚鳥各飛沈 茅屋青山無古今 畢竟替他愁不得 幾人虛費一生心


雑感

 陸游

世間魚鳥各飛沈す 茅屋青山古今無し 畢竟他が替に愁ひ得ず 幾人か虛しく一生の心を費せし


世の中のものは、魚は淵に沈み、鳥は空を飛ぶといったように、それぞれに定められた性のままに生活する。ただ、あばら家に住んで青い山々を眺める楽しみ、これだけは昔も今も、変わりはない。つまるところ、世の俗物どもの身の上を心配しようにも、心配しきれるものではないのだ。かれらのうち幾人の人が、栄達を求めて、一生の間はかない心労を続けたことか。


by mteisi | 2014-03-09 07:54 | 唐詩選七絶
西
西_c0169176_07471480.jpg
セイ・サイ にし

仮借
字は卜字によると荒目の籠の形で象形。
もとは籠を称する語であったろうが、
その原義では使われず、
方位を表す西に専用する。
もとの意味に使われないから仮借。 

by mteisi | 2014-03-09 07:52 | 語源で遊ぶ