2014年 03月 17日 ( 4 )
朝歌3月17日
c0169176_21292411.jpg
am6:58
うすもものくもひとつなくあおぞらへ

c0169176_21304935.jpg

by mteisi | 2014-03-17 21:31 | 朝歌
山家集364365366

c0169176_08012365.jpg
月歌あまたよみけるに

月のためひると思ふが甲斐なきに暫し曇りて夜を知らせよ


c0169176_08013297.jpg
あまの原朝日山より出ればや月のひかりのひるにまがへる


c0169176_08014473.jpg
有明の月のころにもなりぬれば秋はよるなきこことこそすれ


by mteisi | 2014-03-17 08:03 | 山家集
陸游
c0169176_07591363.jpg

感昔

 陸游


行年三十憶南遊 穏駕滄溟萬斛舟 常記早秋雷雨霽 柁師指點説流求


昔に感す

 陸游


行年三十南遊を憶ふ 穏かに駕す滄溟萬斛の舟 常に記す早秋雷雨霽れ 柁師指點して流求を説きしを


齢三十のとき、南方を旅したことを思い出す。大海原を、千石積みの船に乗って、波おだやかに漕ぎ渡ったものであった。私はいつも心にとどめている。初秋の、雷雨が晴れあがった空のもとで、船頭が指さしながら、あれが琉球と説明してくれたことを。


by mteisi | 2014-03-17 07:59 | 唐詩選七絶
c0169176_07524863.jpg
ジョ・ニョ ごとし・したがう・しく・いかん

会意
女と口に従う。
女は女巫。
口はサイで祝禱の器の形。
巫女が祝禱を前にして祈る形。

by mteisi | 2014-03-17 07:56 | 語源で遊ぶ