2014年 03月 31日 ( 4 )
朝歌3月31日
c0169176_08393052.jpg
am7:28
あおむそらあおぎみるめにいっせんの

c0169176_08393445.jpg
青深空仰見目一線

by mteisi | 2014-03-31 08:42 | 朝歌
山家集394395396
c0169176_08324565.jpg
月照野花
月なくば暮れば宿へかへらまし野べには花のさかりなりとも

c0169176_08325065.jpg
月前野花
花の色をかげにうつせば秋のよの月ぞ野守のかが見なりける

c0169176_08325646.jpg
月前草花
月のいろは花にかさねて女郎花うはもの下に露をかけたる

by mteisi | 2014-03-31 08:37 | 朝歌
王昌齢
c0169176_08221509.jpg

芙蓉樓送辛漸 

 王昌齢

寒雨連江夜入呉 平明送客楚山孤 洛陽親友如相問 一片冰心在玉壺


芙蓉樓で辛漸を送る 

 王昌齢

寒雨江の連なって夜呉に入る 平明客を送れば楚山孤なり 洛陽の親友如し相問わば 一片の冰心玉壺に在り


昨夜、冷たい雨足は川水につながって呉へと流れこんだ。朝まだき、旅人を送りつつ望めば孤独な楚山の姿。もし洛陽の親友が私のことをたずねたら、こう答えてくれ。氷のように澄んだ心が一つ、玉壺の中にはいっていると。


by mteisi | 2014-03-31 08:31 | 唐詩選七絶
c0169176_08134302.jpg
イン・エン・ウン まるい・かず

象形
古い字形は円い鼎(もと煮炊きするための青銅器で、
祭器として用いる。貝は鼎の省略形)の上に、
口の部分が円いことを示す○(口)を加えたもの。
円鼎をいい「まるい」の意味となる。
またその全体をまるく包んで圓(円)の字が作られた。
員はもと円鼎の数を数えたので、
「かず」の意味に用いる。
のち圓とは別の字となり、
かずの意味に使われるようになった。

by mteisi | 2014-03-31 08:21 | 語源で遊ぶ