2014年 04月 11日 ( 4 )
朝歌4月11日
c0169176_08110150.jpg
am7:07
ときうつりはくだくのそらあおいそら

c0169176_08105618.jpg
動時変空青混白濁

by mteisi | 2014-04-11 08:15 | 朝歌
許渾
c0169176_08081758.jpg

謝亭送別

 許渾

勞歌一曲解行舟 紅葉青山水急流 日暮酒醒人已遠 満天風雨下西樓


謝亭の送別

 許渾

勞歌一曲行舟を解けば 紅葉青山水急流 日暮酒醒めて人已に遠く 満天の風雨西樓を下る


舟唄のひとふし、ともづなを解けば、紅葉と青山の間を流れは早い。日暮れて酔いがさめたとき、去った人はすでに遠く。満天の風雨のうち、西樓を降りて行く私。


by mteisi | 2014-04-11 08:08 | 唐詩選七絶
山家集424425426
c0169176_08052780.jpg

旅宿の月といへる心をよめる

月やどるおなじうきねの波にしも袖しぼるべき契りありけり


c0169176_08053149.jpg

都にて月あはれと思ひしは數よりほかのすさびなりける


c0169176_08053579.jpg

船中初雁

沖かけて八重の汐路をゆく舟はほのかにぞ聞く初雁のこゑ


by mteisi | 2014-04-11 08:06
幻音
c0169176_08002462.jpg
幻音
 鼎之
時は移り泊瀬山
壮年の定家は凜現す
尾長とおーむを纏い
末の世の今
乱舞する文に
音はあるか



by mteisi | 2014-04-11 08:03 | 自作の書