2014年 04月 15日 ( 4 )
朝歌4月15日
c0169176_07521263.jpg
am7:02
みずいろのあおぼんやりとよのあける

c0169176_07520802.jpg
茫青水色聴韻朝来

by mteisi | 2014-04-15 08:00 | 朝歌
山家集446447448
c0169176_07500965.jpg

霧行客をへだつ

名殘おほみむつごとつきで歸りゆく人をば霧も立へだてけり


c0169176_07501369.jpg

山家霧

山こむる霧の下にうづもれて心はれせぬみ山べのさと


c0169176_07501600.jpg
よをこめて竹のあみどにたつ霧のはればやがてや明んとすらん


by mteisi | 2014-04-15 07:51 | 山家集
杜牧
c0169176_07483326.jpg

泊秦淮

 杜牧

煙籠寒水月籠沙 夜泊秦淮近酒家 商女不知亡國恨 隔江猶唱後庭花


秦淮に泊って

 杜牧

煙は寒水を籠めて月は沙を籠む 夜秦淮に泊して酒家に近し 商女は知らず亡國の恨 江を隔てて猶唱う後庭花


霧は秋の川面に立ちこめ、月光が川砂を包む。この夜、秦淮の酒場近いあたりに舟を泊めた。歌妓は亡国の恨みを知るはずもなく、川越しに今も聞こえてくる後庭花の歌。


by mteisi | 2014-04-15 07:48 | 唐詩選七絶
c0169176_07420068.jpg
シュウ とらえる・とらわれびと

会意
囗と人とを組み合わせた形。
囗(かこみ)の中に人を捕らえて入れる形。

by mteisi | 2014-04-15 07:45 | 語源で遊ぶ