2014年 04月 17日 ( 4 )
朝歌4月17日
c0169176_08230422.jpg
am6:25
こんなときこんなところにおつきさん

c0169176_08225713.jpg
不思時所遭遇満月

by mteisi | 2014-04-17 08:30 | 朝歌
山家集452453454
c0169176_08175921.jpg

鹿

さらぬだに秋は物のみ悲しきをなみだ催すさおしかのこゑ


c0169176_08180261.jpg

山おろしに鹿の音たぐふ夕ぐれを物悲しとはいふにやあるらん


c0169176_08180576.jpg
鹿もわぶ空のけしきもしぐるめりかなしかれともなれる秋かな


by mteisi | 2014-04-17 08:18 | 山家集
蘿鄴
c0169176_08151270.jpg

 蘿鄴

暮天新雁起汀州 紅蓼花開水國愁 想得故園今夜月 幾人相憶在江樓


 蘿鄴

暮天新雁汀州より起る 紅蓼花開く水國の愁 想い得たり故園今夜の月 幾人か相憶うて江樓に在る


夕べの空に初雁が岸辺から飛びたった。赤い蓼の花咲くとき、水郷の旅愁。思えば故郷では今夜の月を望みつつ、川岸の楼上で幾人が私のことを思っているだろう。


by mteisi | 2014-04-17 08:15 | 唐詩選七絶
c0169176_08080447.jpg
レイ・リョウ みことのり・いいつける・よい・しむ

象形
深い儀礼用の帽子を被り、
跪いて神託を受ける人の形。
神の神託として与えられるものを令といい、
「神のおつげ、おつげ」となり、
天子など上位の人の「みことのり、いいつけ、いいつける」
の意味となる。


by mteisi | 2014-04-17 08:12 | 語源で遊ぶ