2014年 06月 06日 ( 4 )
朝歌6月6日
c0169176_08325718.jpg
am6:25

c0169176_08325184.jpg
ぼんやりとめずみのいろのやわらかく

c0169176_08324744.jpg
灰色雲団曇不鮮明

by mteisi | 2014-06-06 08:34 | 朝歌
山家集498
c0169176_08294023.jpg

by mteisi | 2014-06-06 08:30 | 山家集
蘇東坡
c0169176_08134386.jpg

南堂

 蘇東坡

掃地焚香閉閣眠 簟紋如水帳如烟 客來夢覺知何處 挂起西窗浪接天


南堂

 蘇東坡

地を掃ひ香を焚き閣を閉じて眠る 簟紋水の如く帳は烟の如し 客來りて夢覺め知んぬ何れの處ぞ 西窗を挂起すれば浪天に接す


床を掃き清め、香を焚き、室を閉めきって昼寝する。竹むしろはさざなみの立つ水面さながらに滑かで、カーテンは煙とまがうまでに細やかである。客のおとのう声に夢破られた瞬間、はて、自分がどこにいるのかわからない。西の窓をかかげて見ると、大江の浪が遠く空のかなたにまでつづいている。


by mteisi | 2014-06-06 08:27 | 七絶
c0169176_08013773.jpg
ギ・キ ぐんたい・たわむれる

会意
旧字は戲。
扁をキといい、
キと戈からなる。
戈でもってキを後ろから撃つ形。
キの器制は明らかではないが、
字に即していえば、
虎頭の人が豆型の台座に腰かけている形。
古く軍中の遊戯としてこれを撃つ舞楽の類があり、
もと軍事に関する字であることが知られる。

by mteisi | 2014-06-06 08:10 | 語源で遊ぶ