2014年 06月 29日 ( 4 )
朝歌6月29日
朝歌6月29日_c0169176_08044509.jpg
am6:45

朝歌6月29日_c0169176_08044010.jpg
みずいろのひろがるそらののんびりと

朝歌6月29日_c0169176_08043436.jpg
淡空空色清気長閒

by mteisi | 2014-06-29 08:06 | 朝歌
山家集520
山家集520_c0169176_08021531.jpg

瀧上落葉

木枯しに嶺の紅葉やたぐふらんむらごに見ゆる瀧のしら糸


by mteisi | 2014-06-29 08:02 | 山家集
蘇東坡
蘇東坡_c0169176_07465867.jpg

七月九日自廣陵召還復館於浴室東堂八年六月乞會稽將去汶公乞詩乃復用前韻三首

 蘇東坡


東南此去幾時歸 倦鳥孤飛豈有期 斷送一生消底物 三年光景六篇詩


七月九日自廣陵より召し還され復た浴室の東堂に館す八年六月會稽を乞て將に去らんとす汶公詩を乞ふ乃ち復た前韻を用ふ三首

 蘇東坡

東南へ此を去って幾時か歸る 倦鳥孤飛豈に期有らむや 一生を斷送するに底物(なにもの)をか消(もち)ふ 三年の光景六篇の詩


[上人は問う]「東南の地へ向かって京師(みやこ)をたたれたら、こんどはいつもどっておいでか」

[わたくしはこたえる]「疲れきった鳥がただひとり飛びまわることですから、予定の期日などあろうはずがありません」

「あなたは、なにをもって生涯の生きがいとしておいでか」

「ここ三年ほどのありさまは、あなたにさしあげた六篇の詩にうたったとおりです」


by mteisi | 2014-06-29 08:00 | 七絶
凝_c0169176_07342312.jpg
ギョウ こる・さむい・きびしい

形声
声符は疑。
[説文]に凝を冰の俗字とし、
冰を正字として、
「水堅きなり。氷に従ひ、水に従ふ。
凝、俗に冰は疑に従ふ「という。
しかし、
[玉篇]には冰と凝とを別義異音の字としておし、
漢碑においても冰・凝は区別されている。
疑は進退に迷う人が凝然として杖を植てて佇立している形で、
それを冰の凝結するさまに移して凝をいう。

by mteisi | 2014-06-29 07:45 | 語源で遊ぶ