2014年 07月 16日 ( 4 )
朝歌7月16日
朝歌7月16日_c0169176_07501265.jpg
am7:01

朝歌7月16日_c0169176_07500658.jpg
おもいくもかぶさりおりてあやふかし

朝歌7月16日_c0169176_07500395.jpg
重雲蓋天其彩奇妙

by mteisi | 2014-07-16 07:51 | 朝歌
西行 山家集535
西行 山家集535_c0169176_07490236.jpg

寒夜旅宿

旅ねする草のまくらに霜さえて有明の月の影ぞまたるる


by mteisi | 2014-07-16 07:49 | 山家集
虞世南
虞世南_c0169176_07471102.jpg

 虞世南

垂緌飮清露 流響出疎桐 居高聲自遠 非是藉秋風


 虞世南

垂緌して清露を飮み 流響疎桐を出づ 高きに居て聲自ら遠し 是れ秋風を藉るに非ず


冠の紐をたらして爽やかな水を飲み、流れを聞きながら羽の落ちた桐の林を過ぎていった。高いところ蝉の声は遠くまで響く。秋風にのってとどいてているわけではない。


by mteisi | 2014-07-16 07:47 | 五絶
好_c0169176_07410852.jpg
コウ うつくしい・よい・よしみ・このむ

会意
女と子からなる。
[説文]に「美なり」とあり、美好の意とする。
卜文に女を母の形に作り、
あるいは子を抱く形に作るものがあって、
婦人がその子女を愛好することを示す字である。

by mteisi | 2014-07-16 07:46 | 語源で遊ぶ