2014年 07月 25日 ( 4 )
朝歌7月25日
朝歌7月25日_c0169176_08140785.jpg
am5:30

朝歌7月25日_c0169176_08140268.jpg
あさやけのくもそらにたちあやしかる

朝歌7月25日_c0169176_08135852.jpg
赤雲西空夭姿立気

by mteisi | 2014-07-25 08:16 | 朝歌
西行 山家集544
西行 山家集544_c0169176_08130570.jpg

雪中鷹狩

ふる雪にと立も見えず埋れてとりどころなきみかりのの原


by mteisi | 2014-07-25 08:13 | 山家集
王勃
王勃_c0169176_07561244.jpg

林塘懷友

 王勃

芳屛畫春草 仙杼織朝霞 何如山水路 對面卽飛花


林塘懷友

 王勃

芳屛に春草を畫き 仙杼朝霞を織る 何如か山水の路 對面するは卽ち飛花


山水の屏風には春草が描かれ、仙女が機を織っている。山中では人に逢うこともなくただ花だけが舞っていた。


by mteisi | 2014-07-25 08:08 | 五絶
淑_c0169176_07340901.jpg
シュク よい・しとやか

形声
声符は叔。
叔に叔善の意がある。
[説文]に「清く湛(す)むなり」として、
水の清澄なる意としている。
だが、
金文に淑の初文として弔に作り、
不淑を不弔ということが多い。
不淑は人の死をいい、
淑善の意である。
国君夫人の死を悼む送葬歌で、
「子の不淑なる ここに之を如何せん」とは、
その死を哀惜することであるが、
旧説ではこの夫人が浮気をされたと解していた。
淑の初文の弔はいぐるみの象形の仮借。


by mteisi | 2014-07-25 07:52 | 語源で遊ぶ