2014年 08月 22日 ( 4 )
朝歌8月22日
c0169176_08390820.jpg
am7:15

c0169176_08385921.jpg
からすなくひかるいかずちしずまりて

c0169176_08385424.jpg
白雷乱狂靜間鴉聲

by mteisi | 2014-08-22 08:43 | 朝歌
中納言家持
c0169176_08361451.jpg

題不知

 中納言家持

まきもくの檜原のいまだくもらねば小松が原にあは雪ぞふる


萬葉集巻十 柿本人麻呂

巻向の檜原もいまだくもゐねば小松が末(うれ)ゆ沫雪ながる


by mteisi | 2014-08-22 08:36 | 新古今和歌集
王維
c0169176_08341518.jpg

山中送別

 王維

山中相送罷 日暮掩柴扉 春草年年綠 王孫歸不歸


山中送別

 王維

山中相送りて罷み 日暮柴扉を掩う 春草は年年綠なるも 王孫は歸るや歸らざるや


山中で友を送った。日は暮れて柴の戸をおおう。春の草は年年緑になるが、王孫はいつ帰ってくることやら。


by mteisi | 2014-08-22 08:34 | 五絶
c0169176_08012110.jpg
ショウ まねく・めす・よぶ

会意
人が降りてくる形。
口はサイで祝禱をいれた器。
人は霊で祝禱して招き、
それにこたえて霊が降りてくること。
人と刀は金文の形が似ているので、
よく間違われた。



by mteisi | 2014-08-22 08:10 | 語源で遊ぶ