2014年 08月 30日 ( 4 )
朝歌8月30日
朝歌8月30日_c0169176_08030284.jpg
am7:35

朝歌8月30日_c0169176_08025769.jpg
あおふくみふわふわうかぶわたのくも

朝歌8月30日_c0169176_08025209.jpg
含青閑浮和恵帛雲

by mteisi | 2014-08-30 08:05 | 朝歌
源重之
源重之_c0169176_07595985.jpg

 源重之

梅が枝にものうきほどにちる雪を花ともいはじ春のなだてに


by mteisi | 2014-08-30 08:00 | 新古今和歌集
王維
王維_c0169176_07430796.jpg

文杏館

 王維

文杏を裁りて梁と爲す 香茅を結んで宇と爲す 知らずや棟裏の雲 去りて人間の雨と作るを


文杏の木を伐って梁とし、香のよい茅を屋根にふく。知っているだろうか、家からたちのぼる香気が雲となり、そして人を潤す雨になることを。


by mteisi | 2014-08-30 07:56 | 五絶
孟_c0169176_07332438.jpg
モウ・ボウ はじめ・としかさ

会意
子と皿。
生まれた子に産湯をつかわしている。
生まれて最初の儀礼なので、
始めの意になり、
兄弟やその他の序列に使われ、
最長、最先のいみとなる。

by mteisi | 2014-08-30 07:39 | 語源で遊ぶ