2014年 10月 01日 ( 4 )
朝歌10月1日
朝歌10月1日_c0169176_08415969.jpg
am7:54

朝歌10月1日_c0169176_08415108.jpg
くもりぞらあおさかしてうすぐもり

朝歌10月1日_c0169176_08414660.jpg
曇天莫白碧紗透過

by mteisi | 2014-10-01 08:43 | 朝歌
よみ人しらず
よみ人しらず_c0169176_08401945.jpg

題しらず

 よみ人しらず

故郷にかへるかりがねさ夜ふけて雲路にまよふこゑきこゆなり


by mteisi | 2014-10-01 08:40 | 新古今和歌集
王維
王維_c0169176_08261979.jpg

漆園

 王維

古人非傲吏 自闕經世務 偶寄一微官 婆娑數珠樹


漆園

 王維

古人の傲吏に非ざるも 自ら經世の務めを闕く 偶ま一微官に寄せて 數珠樹に婆娑たり


漆園であそんだ荘子ではないが、世の務めを果たしていない。たまたま小役人になって美しい木々の間を徘徊している。


by mteisi | 2014-10-01 08:38 | 五絶
虖_c0169176_08164704.jpg
コ ほえる

形声
声符は乎。
乎は遊舌のある呼子板の象形で、
これを振って神を降ろす。
乎の上は虎のお面。
金文では乎を呼の義に使い、
乎を感動詞に使うことはない。
感動詞には虖を用いる。
[説文]では「哮虖するなり」と吠える意とするが、
もち虎頭をつけた舞戲などに用いたものと思われる。

by mteisi | 2014-10-01 08:24 | 語源で遊ぶ