2014年 11月 02日 ( 4 )
朝歌11月2日
c0169176_07552028.jpg
am7:15

c0169176_07551567.jpg
くもほだふかくかさなりみょうしみせ

c0169176_07551235.jpg
雲襞重畳形色妙韻

by mteisi | 2014-11-02 07:57 | 朝歌
道命法師
c0169176_07510992.jpg

八重櫻を折りて、人のつかはし侍りければ

 道命法師

しら雲のたつかの山の八重櫻いづれを花とわきて折りけん


本歌 古今集冬 友則

雪ふれば木毎に花ぞ咲きにけるいづれを花とわきて折らまし


by mteisi | 2014-11-02 07:53 | 新古今和歌集
張籍
c0169176_07391671.jpg

惜花

 張籍

山中春色晩 處處見花稀 明日來應盡 林間宿不歸


山中春色晩れ 處處花を見ること稀なり 明日來らば應に盡るべし 林間に宿りて歸らず


山中は晩春の景色で、どこも滅多に花がない。明日はもう無くなってしまうだろう。林の中で宿をとった。


by mteisi | 2014-11-02 07:49 | 五絶
c0169176_07350010.jpg
ホウ ゆたか・さかん・おおきい

象形
豆中にものを盛って入れた形。
豆は穀物の類を盛るもの。


by mteisi | 2014-11-02 07:37 | 語源で遊ぶ