2014年 12月 12日 ( 4 )
朝歌12月6日
c0169176_08255730.jpg
am7:46

c0169176_08255313.jpg
かすみまぜうすあおうすべにしろねずみ

c0169176_08254820.jpg
空也茫様淡青白紅

by mteisi | 2014-12-12 08:28 | 朝歌
宮内卿
c0169176_08240098.jpg

五十首歌たてまつりし中に、湖上花を

 宮内卿

花さそふ比良の山かぜ吹きにけりこぎゆく舟のあとみゆるまで


by mteisi | 2014-12-12 08:24 | 新古今和歌集
錢起
c0169176_08171698.jpg

傷秋

 錢起

歳去人頭白 秋來樹葉黄 搔頭向黄葉 與爾共悲傷


歳去りて人頭白く 秋來りて樹葉黄なり 頭を搔いて黄葉に向い 爾と共に悲傷す


老いて頭は白くなり、秋が来れば木も黄色くなる。やれやれと頭を搔いては木々と慰め合っている。


by mteisi | 2014-12-12 08:17 | 五絶
c0169176_08043697.jpg
サイ とし・まつり・もくせい

象形
字の初形は戉の形。
犠牲を割くまさかり(鉞)の形であった。
のち戉の刃部のなかに、
歩を上下に分けて書く形となった。
今の字形で上部が止で下部が少の形が、
それである。
歳は赤い毛色の牛を用いる祭儀であった。
その祭儀が一年に一度行われることから、
その祭儀をもって年を数えたのであろう。
虞では載といい、
夏が歳で殷が祀で周が年といった。

by mteisi | 2014-12-12 08:15 | 語源で遊ぶ