2014年 12月 18日 ( 5 )
珈琲美美にて
珈琲美美で展示させてもらっている作品です。
福岡市美術館で開催中の「西日本書美術展」に
あわせて飾らせてもらいました。
過去の作品がほとんどです。
日曜日21日までです。
c0169176_21021845.jpg
コンテで書いた漢の時代の「張遷碑」です。
16年くらい前のものです。
右の小さな作品は「珈琲美美」です。
美美さんとお付き合い始めた頃の作品なので、
30年以上前のものです。
看板のロゴです。
c0169176_21074537.jpg
これは2年前の作で「上下左右」。
わかりやすい言葉をわかりにくく。

c0169176_21003650.jpg
PeaceのP

c0169176_21001975.jpg
印でカレンダーを作ったときのもの。
「雪月花」これは石に彫っているが、
最近は陶印が多くなった。

c0169176_21001348.jpg
これも8センチくらいの大きさの石に彫ったもの。
「静居」。
今はなくなった木工家の井上幹太さんに、
作ってもらった額。
鋸で挽いただけで作ってと頼んだら、
今度はなんかさせて下さいといわれた。
板額の裏面は綺麗にカンナをかけてある。

c0169176_20595672.jpg
アクロスで「風花山叢」という展覧会での作。
「ふかぶかとくさぐさのあやそよぎして」。

by mteisi | 2014-12-18 21:31 | 展覧会
朝歌12月18日
c0169176_08243179.jpg
am7:56

c0169176_08242560.jpg
はいぐものひろがるそらもあおひかる

c0169176_08242196.jpg
上天青暉灰雲悠々

by mteisi | 2014-12-18 08:26 | 朝歌
定家
c0169176_08224479.jpg

千五百番歌合に

 藤原定家

さくら色の庭の春かぜ跡もなしとはゞぞ人の雪とだに見む


by mteisi | 2014-12-18 08:23 | 新古今和歌集
司空曙
c0169176_08213736.jpg

黄土陂

 司空曙

岸芳春色曉 水影夕陽微 寂寂深煙裏 漁舟夜不歸


岸芳春色に曉け 水影夕陽に微かなり 寂寂深煙の裏 漁舟夜も歸らず


春暁の岸は花が咲き朝日を受けて美しい。夕暮れはまだ残陽が水を照らしている。村の家々は霧や煙に隠れて静かである。漁にでた舟も夜ふけてもまだ帰って来ない。


by mteisi | 2014-12-18 08:21 | 五絶
c0169176_08171939.jpg
トン・チュン あつまる・たむろする・なやむ

象形
敷物などの純(へりかざり)の形で、
純の初文。
敷物の縁の糸を結んで、
房飾りのようにするもので、
その糸を結んだ形。

by mteisi | 2014-12-18 08:20 | 語源で遊ぶ