2014年 12月 20日 ( 4 )
朝歌12月20日
朝歌12月20日_c0169176_07593744.jpg
am7:35

朝歌12月20日_c0169176_07593221.jpg
あまおとのそらあおねずのけむるのみ

朝歌12月20日_c0169176_07592716.jpg
雨聲清音烟雨濛々

by mteisi | 2014-12-20 08:03 | 朝歌
摂政太政大臣
摂政太政大臣_c0169176_07583508.jpg

かえし

 摂政太政大臣

さそはれぬ人のためとや殘りけむあすよりさきのはなの白雪


by mteisi | 2014-12-20 07:58 | 新古今和歌集
司空曙
司空曙_c0169176_07563110.jpg

竹裏徑

 司空曙

幽徑行迹稀 清陰苔色古 肅肅風欲來 乍似逢山雨


幽徑は行迹稀に 清陰苔色古し 肅肅として風來らんと欲す 乍ち山雨に逢えるに似たり


静かな奥深い小径は人の通りも稀で、清らかな日陰は苔の色も古い。蕭蕭と竹林を風が渡ってきて、それは山雨に逢った思いがする。


by mteisi | 2014-12-20 07:56 | 五絶
社_c0169176_07545899.jpg

シャ くにつかみ・やしろ


形声

声符は土(ど)。

土の古音は社で、

社の初文。

卜文・金文の土は、

社の原字として用いられることが多く、

土は土主にして社の原形をなすものである。

古来より各地にその地の社神があった。

山川叢林の地すべて神の住むところとされ、

社樹が樹(う)えられた。


by mteisi | 2014-12-20 07:55 | 語源で遊ぶ