2015年 01月 07日 ( 4 )
朝歌1月7日
c0169176_15015239.jpg
am8:25

c0169176_15014896.jpg
すみわたるそいろのさおらきのすみて

c0169176_15014681.jpg
澄青天空我而気清

by mteisi | 2015-01-07 15:03 | 朝歌
坂上是則
c0169176_14581691.jpg

紀貫之、曲水宴し侍りけるに、月入花灘暗といふ事をよみ侍りける

 坂上是則

花ながす瀬をもみるべきみか月のわかれて入りぬ山のをち方


by mteisi | 2015-01-07 14:59 | 新古今和歌集
徐凝
c0169176_14555465.jpg

天臺獨夜

 徐凝

銀地秋月色 石梁夜溪聲 誰知屐齒盡 爲破蒼苔行


銀地は秋月の色 石梁には夜溪聲 誰か知らんか屐齒の盡くるを 蒼苔を破りて行くが爲なり


秋の夜の月が地上を照らし、銀を地上に敷きわたしたようだ。石の橋のしたでは溪水の流れる音がする。下駄の歯の音がやんだと思ったら、青々とした苔の上を歩いていた。


by mteisi | 2015-01-07 14:56 | 五絶
c0169176_14532348.jpg

リョウ はり・はし・とびいし・やな・


形声

古文の形は水と両木をかけわたし形からなり、

金文ではリョウまたは稲梁の字とする。


by mteisi | 2015-01-07 14:53 | 語源で遊ぶ