2015年 02月 24日 ( 4 )
朝歌2月24日
c0169176_83557100.jpg
am7:43

c0169176_8283525.jpg
ねずぐものかさなるそらもしずみおり

c0169176_8283025.jpg
鼠雲重重沈宇深深
by mteisi | 2015-02-24 08:30 | 朝歌
白河院御歌
c0169176_8262994.jpg
待客聞郭公といへる心を
 白河院御歌
時鳥まだうちとけぬしのびねはこぬ人をまつ我のみぞきく
by mteisi | 2015-02-24 08:27 | 新古今和歌集
老子第八章
c0169176_8251097.jpg
上善若水。水善利萬物而不争、處衆人之所悪、故幾於道。
居善地、心善淵、與善仁、言善信、正善治、事善能、動善時。
夫唯不争、故無无。
上善は水の如し。水は善く万物を利して争わず、衆人の悪(にく)む所に処(お)る、故に道に幾(ちか)し。
居は地を善しとし、心は淵を善しとし、与(まじわ)るは仁を善しとし、言は信を善しとし、正は治(ち)を善しとし、事は能を善しとし、動は時を善しとす。
by mteisi | 2015-02-24 08:26 | 老子2
c0169176_8211176.jpg
シ うまい・むね・おぼしめし
会意
氏と曰(器中のもののある形)からなる。
氏は肉を切る小刀。
氏族共餐のときに儀礼的に用いるものであるから、
氏族の字に用いる。
曰は祝禱を収める器の曰と字形が異なる。
by mteisi | 2015-02-24 08:21 | 語源で遊ぶ