2015年 02月 27日 ( 4 )
朝歌2月27日
朝歌2月27日_c0169176_835255.jpg

am7:41

朝歌2月27日_c0169176_834811.jpg

あおふかみたかくひろがりきのみちる

朝歌2月27日_c0169176_834552.jpg

青天真深気宇広大
by mteisi | 2015-02-27 08:05 | 朝歌
前中納言匡房
前中納言匡房_c0169176_814497.jpg

神だちにて郭公をききて
 前中納言匡房
卯の花の墻ねならねどほととぎす月のかつらのかげになくなり
by mteisi | 2015-02-27 08:02 | 新古今和歌集
老子第11章
老子第11章_c0169176_7595529.jpg

三十軸共一轂、當其無、有車之用。挻埴以爲器、當其無。有器之用。鑿戸牖以爲室、當其無、有室之用。
故有之以爲利、無之以爲用。
三十の軸、一轂を共にす。其の無に当たりて、車の用有り。埴を挻ねて以て器を爲る。其の無に当たりて、器の用有り。戸牖を鑿ちて以て室を爲る。其の無に当たりて、室の用有り。
故に有の以て利を為すは、無の以て用を爲せばなり。
by mteisi | 2015-02-27 08:00 | 老子2
匡_c0169176_7491158.jpg

キョウ ただす・はこ
形声
正字は王のところを王の上に之を書く字で、
重要な行為のために出発する儀礼を意味し、
匡は秘匿の聖所でその儀式を行うことである。
by mteisi | 2015-02-27 07:53 | 語源で遊ぶ