2015年 07月 08日 ( 4 )
朝歌7月8日
朝歌7月8日_c0169176_8214186.jpg

am5:35

朝歌7月8日_c0169176_8212342.jpg

かさなりのうごめくくものおそれみせ

朝歌7月8日_c0169176_8212030.jpg

十重妖姿畏怖恐行
by mteisi | 2015-07-08 08:23 | 朝歌
萬葉集5
萬葉集5_c0169176_7582989.jpg

幸讃岐國安益郡之時軍王見山作歌

霞立 長春日乃 晩家流 和豆肝之良受 村肝乃 心乎痛見 奴要子鳥 卜歎居者 珠手次 懸乃宜久 遠神 吾大王乃 行幸能 山越風乃 獨座 吾衣手尒 朝夕尒 還比奴礼婆 大夫登 念有我母 草枕 客尒之有者 思遣 鶴寸乎白土 網能浦之 海處女等之 燒塩乃 念曾所燒 吾下情

霞立つ 長き春日の 暮れにける わづきも知らず むら肝の 心をいたみ  ぬえこ鳥 うらなき居れば 玉たすき かけのよろしく 遠つ神 吾が大君の 行幸の山越す風の 独居る 吾がころもでに 朝夕に かへらひぬれば ますらをと 思へる我も 草枕 旅にしあれば 思ひやる たづきを知らに 網の浦の あまをとめらが やく盬の 思ひぞやくる 吾が下こころ
by mteisi | 2015-07-08 08:19 | 萬葉集
即_c0169176_749477.jpg

ソク つく・すなわち
会意
旧字は卽につくり、
皀(きゅう)と卩(せつ)からなる。
皀は𣪘で文献では簋と書かれる、
盛食の器。
卩は跪坐する形で、
食器の前に坐ること、
席に即くことをいう。
by mteisi | 2015-07-08 07:56 | 語源で遊ぶ
前中納言匡房
前中納言匡房_c0169176_7405588.jpg

堀川院の御時、百首歌の中に萩をよみ侍りける
 前中納言匡房
川水にしおかのしがらみかけてけりうきてながれぬ秋萩の花
by mteisi | 2015-07-08 07:45 | 新古今和歌集