2015年 11月 30日 ( 4 )
朝歌11月30日
朝歌11月30日_c0169176_7524894.jpg

am6:48

朝歌11月30日_c0169176_7524520.jpg

あおさすむつきのあかりのすずやかに

朝歌11月30日_c0169176_7524351.jpg

青沙浄呂月韻清律
by mteisi | 2015-11-30 07:55 | 朝歌
萬葉集141
萬葉集141_c0169176_7433778.jpg

一日者 千遍参入之 東之 大寸御門乎 入不勝鴨
一日には 千たび参入りし 東の 大き御門を 入りかてぬかも
所由無 佐太乃岡邊尒 反居者 嶋御橋尒 誰加住儛無
つれもなき 佐田の岡邊に かへり居ば 島の御橋に 誰か住まはむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」2より
by mteisi | 2015-11-30 07:51 | 萬葉集
便
便_c0169176_7353294.jpg

ベン・ビン やすらか・ならう・たやすく・すねわち
会意
人と更からなる。
更は台の上に台を載せ手に棒を持って打っている形。
おそらく更改をあらわす。
便は人を鞭で打って従順にして、
使役することをいう。
書は金文を持っていないので作字した。
by mteisi | 2015-11-30 07:41 | 語源で遊ぶ
荘子82
荘子82_c0169176_7233353.jpg

十一之六
夢哭泣者、旦而田獵、方其夢也、不知其夢也、夢之中又占其夢焉、覺而後知其夢也、旦有大覺、而後知此其大夢也、而愚者自以爲覺、

夢に哭泣する者は、旦(あした)に田獵す。其の夢みるに方(あた)りては、其の夢なることを知らず、夢之中に又た其の夢を占い、覚めて後に其の夢なることを知る。且つ大覚ありて、而る後に此れ其の大夢なることを知る。而るに愚者は自ら以て覚めたり為し、

夢の中で泣き悲しんでいた者が、朝になると楽しく狩にに出かけるということがある。夢をみているときには、それが夢であることは分からず、夢のなかでまた夢占いをしたりして、目がさめてから始めてそれが夢であったことが分かるのである。[人生も同じことだ]本当の目覚があってこそ、始めてこの人生が大きな一場の夢であることが分かるのだ。それなのに愚か者は目が覚めているとうむぼれて、
by mteisi | 2015-11-30 07:33 | 荘子