2015年 12月 04日 ( 4 )
朝歌12月4日
c0169176_8273694.jpg

am6:58

c0169176_8273371.jpg

かさなりのくものいろいろふかみます

c0169176_8273015.jpg

重々雲々彩々深々
by mteisi | 2015-12-04 08:29 | 朝歌
萬葉集145
c0169176_8255252.jpg

c0169176_8254915.jpg

柿本朝臣人麻呂獻泊瀬部皇女忍坂部皇子歌一首 并短歌
飛鳥 明日香乃河之 上瀬尒 生玉藻者 下瀬尒 流觸經 玉藻成 彼依此依 靡相之 嬬乃命乃 多田名附 柔膚尚乎 劒刀 於身副不寐者 烏玉乃 夜床母荒良無 所虚故 名具鮫兼天 氣田敷藻相屋常念而 玉垂乃 越能大野之 旦露尒 玉藻者埿打 夕霧尒 衣者沾而 草枕 旅宿鴨爲 不相君故
飛ぶ鳥の あすかの川の 上つ瀬に 生ふる玉藻は 下つ瀬に 流れ觸らばふ 玉藻なす 彼より此(かく)より 靡かひし 夫の命の たたなづく 柔肌すらを つるぎ大刀 身に添え寐ねば ぬば玉の 夜床も荒るらむ そこ故に 慰めかねて かだしくも あふやと思ひて 玉垂れの 越智の大野の 朝霧に 玉裳はひづち 夕霧に 衣はぬれて 草枕 旅宿(たびね)かもする あはぬ君故

澤瀉久孝著「万葉集注釈」2より
by mteisi | 2015-12-04 08:26 | 萬葉集
c0169176_8201890.jpg

シャ おごる・ほこる・たかぶる
会意
大と者からなる。
者は祝禱の器を埋めて呪禁する土隄。
それを股越すことが奢である。
by mteisi | 2015-12-04 08:24 | 語源で遊ぶ
荘子86
c0169176_801785.jpg

十一之十
使異乎我與若者正之、既異乎我與若矣、惡能正之、使同乎我與若者正之、既同乎我與若矣、惡能正之、然則我與若與人、俱不能相知也、而待彼也邪、

我と若とに異なる者をしてこれを正さしむれば、既に我れと若とに異なり、惡くんぞ能くこれ正さん。我れと若とに同じき者をしてこれを正さしむれば、既に我れと若とに同じ、惡くんぞ能くこれを正さん。然らば則ち我れと若と人と、俱に相い知ること能わず。而んぞ彼を待たんや。

わしともお前とも違った立場の者に判定させるとすれと、これはわしとお前とも違うのだから、やはり公正な判定ができるはずがない。。わしとお前とも同じ立場の者に判定させるとすると、これはわしとお前とも同じなのだから、やはり公正な判定ができるはずがない。そうだとすると、わしもお前もそれから第三者も、みな[正しいか間違っているかの]判断をすることはできないのだ。どうしてさらに他人に期待することができようか。
by mteisi | 2015-12-04 08:18 | 荘子