2015年 12月 07日 ( 4 )
朝歌12月7日
朝歌12月7日_c0169176_824820.jpg

am7:08

朝歌12月7日_c0169176_813645.jpg

しゅあかばのめにいるそらのしずけさよ

朝歌12月7日_c0169176_81326.jpg

朱赤葉変静空朝与
by mteisi | 2015-12-07 08:05 | 朝歌
萬葉集148
萬葉集148_c0169176_7592979.jpg

短歌二首
明日香川 四我良美渡之 塞益者 進留水母 能杼尒賀有萬思
あすか川 しがらみ渡し 堰かませば 渡るる流るる水も のどにかあらまし
明日香川 明日谷将見等 念八方 吾王 御名忘世奴
あすか川 明日だに見むと 思へやも 吾が大君の 御名忘れせぬ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」2より
by mteisi | 2015-12-07 07:59 | 萬葉集
筮_c0169176_7524926.jpg

ゼイ めどき・うらなう
会意
竹と巫からなる。
竹は占いのめどき。
巫はそれを占う者。
筮竹で占うこと。
巫は呪具の工を交差させた形。
呪具を両手に持って占う形。
by mteisi | 2015-12-07 07:57 | 語源で遊ぶ
荘子89
荘子89_c0169176_7503264.jpg

十二
罔兩問景曰、曩子行、今子止、曩子坐、今子起、何其無特操與、景曰、吾有待而然者邪、吾所待又有待而然者、吾待蛇■(虫付)蜩翼邪、惡識所以然、惡識所以不然、

罔両、景(かげ)に問いて曰わく、曩(さき)には子行き、今は子止(とど)まる。曩には子坐し、今は子起つ。何ぞ其れ特操なきやと。景曰わく、吾れには有りて然る者か、吾が待つ所は又た待つ有りて然る者か。吾れは蛇フ・蜩翼を待つか。惡くんぞ然る所以(ゆえん)を識らん。惡くんぞ然らざらる所以を識らんと。

罔両(うすかげ)が影にむかって問いかけた。「君はさきほど歩いていたのに今はたち止まり、さきはどは歩いていたのに今は立っている。何とまあ節操のないことだね。」影は答えた、「樸は[自分の意思でそうしているのではなくて、]頼るところ(人間の肉体)に従ってそうしているらしいね。[ところが]樸の頼るところはまた別に頼るところに従ってそうしているらしいね。樸は蛇の皮や蟬のぬけがら[のようなはかないもの]を頼りにしていることになるのだろうか。さて、なぜそうなのか分からないし、なぜそうでないのかも分からないね。」
by mteisi | 2015-12-07 07:50 | 荘子