2015年 12月 17日 ( 4 )
朝歌12月17日
c0169176_8321895.jpg

am8:02

c0169176_8321461.jpg

はいあけてゆきかぶるやまあおいそら

c0169176_8321012.jpg

灰空開明雪山青天
by mteisi | 2015-12-17 08:33 | 朝歌
萬葉集157
c0169176_8295931.jpg

c0169176_830973.jpg

c0169176_8302241.jpg

c0169176_8303173.jpg

或本歌曰
宇都曾臣等 念之時 携手 吾二人見之 出立 百兄槻木 虛知期知尒 枝■(夾刂)有如 春葉 茂如 念有之 妹庭雖有 世中 背不得者 香切火之 燎流荒野尒 白𣑥 天領巾隱 鳥自物 朝立伊行而 入日成 隱西加婆 吾妹子之 形見尒置有 緑兒之 乞哭別 取委 物之無者 男自物 腋挟持 吾妹子與 二吾宿之 枕附 嬬屋内尒 日者 浦不怜晩之 夜者 息衝明之 雖嘆 爲便不知 雖眷 相縁無 大鳥 羽易山尒 汝戀 妹座等 人云者 石根割見而 奈積來之 好雲叙無 宇都曾臣 念之妹我 灰而座者 

うつそみと 思ひし時に 携はり 吾が二人見し 出で立ちの 百枝槻の木 こちごちに 枝させる如 春の葉の 繁きが如く 思へりし 妹にはあれど たのめりし 妹にはあれど 世の中を 背きし得ねば かぎろひの もゆる荒野に 白たへの 天領巾隱り 鳥じもの 朝立ちい行きて 入り日なす 隱りにしかば 吾妹子が 形見における 緑兒の 乞ひ泣く毎に 取り委する 物し無ければ 男じも 腋挟み持ち 吾妹子と 二人吾が宿し 枕つく 妻屋のうちに 晝は うらさび暮し 夜は 息づき明かし 歎けども せむすべ知らに 戀ふれども 逢ふよしを無み 大鳥の 羽易の山に 汝が戀ふる 妹はいますと 人の云へば 石根さくみて なづみ來し よけくもぞ無き うつせみと 思ひし妹が たまかぎる 灰にてませば
by mteisi | 2015-12-17 08:30 | 萬葉集
c0169176_823478.jpg

シツ へや・すまい・いえ
会意
宀と至からなる。
至は矢の至るところ。
矢を放ってその地を卜し、
また地を祓うこと。
そこに屋や室を建てる。
by mteisi | 2015-12-17 08:28 | 語源で遊ぶ
荘子98
c0169176_8193742.jpg


公文軒、見右師而驚曰、是何人也、惡乎介也、天與、其人與、曰天也、非人也、天之生是使獨也、人之貌有與也、以是知其天也非人也、

公文軒、右師を見て驚きて曰わく、是れ何人ぞや。惡んぞ介なる。天なるか、其れ火となるかと。曰わく、天なり、人には非ざるなり。天の是れを生ずるや独ならしむ。人の貌(かたち)は与(なら)ぶあり。是れを以て其の天にして人には非ざることを知ると。

公文軒は、[足切り刑にあった]右師の姿を見ると驚いていった、「まあ、何という人間だ!どうして一本足なんかになったんだ。天のせいかね、それとも人のせいかね。」[右師は]答えた、「天によるのだ。人によるのではない。天がこのわしを生んで一本足にならせたのだ。人間の形というものは[だれでも]日本の足があるものだ。このことからわしの一本足が天のせいであって人によるものではないことがわかるのだ。」
by mteisi | 2015-12-17 08:20 | 荘子