2015年 12月 19日 ( 4 )
朝歌12月19日
c0169176_7565449.jpg

am7:18

c0169176_7565052.jpg

くものないしずかなあさのひがうごき

c0169176_7564684.jpg

無雲静空時動始朝
by mteisi | 2015-12-19 07:59 | 朝歌
萬葉集159
c0169176_755484.jpg

c0169176_7551495.jpg

吉備津采死時柿本朝臣人麻呂作歌一首 并短歌
秋山 下部留妹 奈用竹乃 騰遠依子等者 何方尒 念居可 杼紲之 長命乎 露己曾婆 朝尒置而 夕者 清等言 霧己曾婆 夕立而 明者 失等言 梓弓 音聞吾母 髣髴見之 事悔敷於 布杼乃 手枕纏而 劔刀 身二副寐價牟 若草 其嬬子者 不怜弥可 念而寐良武 悔弥可 念戀良武 時不在 過去子等我 朝露乃如也 夕霧乃如也
秋山の したへる妹 なよ竹の とをよる子らは いかさまに 思ひ居れか 杼縄の 長き命を 露こそは 朝に置きて 夕は 消ゆといへ 霧こそは 夕に立ちて 朝は 失すといへ 梓弓 音聞く吾も おほに見し 事悔しきを しきたへの 手枕まきて 劔大刀 身にそへねけむ 若草の その夫(つま)の子は さぶしみか 思ひ寝らむ 悔しみか 思ひ戀ふらむ 時ならず 過ぎにし子らが 朝露のごと 夕霧のごと
by mteisi | 2015-12-19 07:55 | 萬葉集
c0169176_7465992.jpg

ギン やかましい・かまびすしい・おろか
会意
臣と口四つのシュウからなる。
臣は古文字の字形では望の初文。
天に向かって祈る儀礼をいう。
雨乞いなどの儀礼をいうもので、
巫を天に祈らせ、
周囲に多くの祝禱の器を列する形。
by mteisi | 2015-12-19 07:53 | 語源で遊ぶ
荘子100
c0169176_7443463.jpg


老聃死、秦失弔之、三號而出、弟子曰、非夫子之友邪、曰、然、然則弔焉若此可乎、曰、然、始也、吾以爲其人也、而今非也、

老聃死す。秦失これを弔し、三たび号して出づ。弟子曰わく、夫子の友に非ずやと、曰わく、然りと。然らば則ち弔すること此くの若にして可ならんや。曰わく、然り、始めは、吾れ以て其の人と為せるも、而も今は非なり。

老聃が死んだ。秦失はその弔いにゆくと、型どおり三度の号泣をしただけで退出した。[老聃の]門人が[いぶかしく思って]あなたは先生の友人ではないのですか、」[秦失は]「そうだ」と答えた。「それなら、あんな型どおりの弔いかたで良いものでしょうか。」[秦失は]答えた、「あれで良い。以前はわしは[あの人を]老聃という人物と考えて[友人になって]いたが、しかし今ではそうではない。
by mteisi | 2015-12-19 07:44 | 荘子