2015年 12月 26日 ( 4 )
朝歌12月26日
c0169176_8281454.jpg

am7:11

c0169176_8272435.jpg

うすあかりきよめのあしたおとずれて

c0169176_8271881.jpg

清光夜明音壽麗旦
by mteisi | 2015-12-26 08:30 | 朝歌
萬葉集166
c0169176_8254981.jpg

寧樂宮
和銅四年歳次辛亥河邊宮人姫嶋松原見嬢子屍悲嘆作歌二首
妹之名者 千代尒將流 姫嶋之 子松之末尒 蘿生萬代尒
妹が名は 千代に流れ无 姫嶋の 小松が末(うれ)に こけむすまでに
難波方 塩干勿有曾祢 沉之 妹之光儀乎 見巻苦思母
難波潟 潮干なありそね 沈みにし 妹が光義(すがた)を 見まく苦しも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」2より
by mteisi | 2015-12-26 08:26 | 萬葉集
c0169176_822246.jpg

タン よあけ・あさ
象形
金文の字形は、
雲上い日が半ば姿を現した形。
by mteisi | 2015-12-26 08:24 | 語源で遊ぶ
荘子
c0169176_80052.jpg

一之四
且若亦知夫徳之所蕩而知之所爲出乎哉、徳蕩乎名、知出乎爭、名也者相札也、知也者爭之器也、二者凶器、非所以盡行也。

且つ若も亦た夫の徳の蕩(うご)く所と知の為にに出づる所とを知るか。徳は名に蕩き知は争いより出づ。名なる者は相い札(くじ)き、知なる者は争の器なり。二者は凶器にして行を尽くす所以に非ざるなし。

それにお前はまた、あの本来の徳がどのように流れて失われ、知識が何によって起こってくるのかをわきまえているか。徳は名誉心のために流され、知識は競争心のために起こる。名誉というものは互いを傷つけあうものであるし、知識というものは争いのための道具である。名誉と知識とのふたつは[人間を不幸におとそいれる]凶器であって、人の行為を完全にするためのものではない。[ところが、お前はこの二つがあるようだ。]
by mteisi | 2015-12-26 08:20 | 荘子