2016年 04月 18日 ( 4 )
朝歌4月18日
c0169176_7455100.jpg

am6:06

c0169176_7452843.jpg

しらそらにくもをおもわすめずわずか

c0169176_7461863.jpg

白空茫然雲容僅在
by mteisi | 2016-04-18 07:47 | 朝歌
c0169176_735107.jpg

マン・バン あたる
象形
大巾の帛(きれ)に、
飾文を加えた形。
礼装に用いる蔽膝(へいしつ・膝掛け)の巾(きれ)をいう。
満の初文。
by mteisi | 2016-04-18 07:42 | 語源で遊ぶ
萬葉集281
c0169176_7304849.jpg

反歌
逆言之 狂言等可聞 高山之 石穂乃上尒 君之臥有
およづれの たは言とかも 高山の いはほの上に 君がこやせる
石上 振乃山有 杉村乃 思過倍吉 君尒有名國
石上 布留の山なる 杉むらの 思ひ 過ぐべき 君にあらなくに

澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2016-04-18 07:31 | 萬葉集
荘子222
c0169176_727201.jpg

三之四
肩吾得之、以處大山、黄帝得之、以登雲天、顓頊得之、以處玄宮、禹強得之、立乎北極、西王母得之、坐乎少廣、

肩吾はこれを得て、以て大山に処り、黄帝はこれを得て、以て雲天に登り、顓頊はこれを得て、以て玄宮に処り、禹強はこれを得て、北極に立、西王母はこれを得て、少広に座し、

肩吾はこの道を得たことによって泰山に住む[神となった]、黄帝はこれを得たことによって北極に立つ[神となっ]た。西王母はこれを得たことによって西方の少広山にいて、
by mteisi | 2016-04-18 07:27 | 荘子