2016年 04月 21日 ( 4 )
朝歌4月21日
c0169176_7372149.jpg

am6:00

c0169176_7373880.jpg

あまおとにねずのひろがりかすみして

c0169176_7381248.jpg

雨滴聲兮霞空鼠色
by mteisi | 2016-04-21 07:41 | 朝歌
c0169176_7335262.jpg

シ しかばね・かたしろ・つらねる・つかさどる
象形
屍体の横たわる形で、
屍の初文。
by mteisi | 2016-04-21 07:36 | 語源で遊ぶ
萬葉集284
c0169176_7315758.jpg

 右二首者或云紀皇女薨後山前王代石田王之也
柿本朝臣人麻呂見香具山屍非慟作歌一首
草枕 羈宿尒 誰嬬可 國忘有 家待眞國
草枕 旅のやどりに 誰が夫か 國忘れたる 家待たまくに
田口廣麻呂死之時刑部垂麻呂作歌一首
百不足 八十隈坂尒 手向爲者 過去人尒 盖相牟鴨
百足らず 八十隈坂に 手向せば 過ぎにし人に けだしあはむかも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2016-04-21 07:32 | 萬葉集
荘子225
c0169176_7294289.jpg

四之二
夫卜梁倚有聖人之才而无聖人之道、我有聖人之道而无聖人之才、吾欲以敎之、庶幾其果爲聖人乎、不然、以聖人之道告聖人之才、亦易矣、

夫の卜梁倚は聖人の才ありて聖人の道なく、我は聖人の道ありて聖人の才なし。吾れ以てこれに教えんと欲す。庶幾(ながわ)くは其れ果たして聖人たらんか。然らざるも、聖人の道を以て聖人の才に告ぐるは、亦た易からん。

あの卜梁倚は、聖人の素質はありながら聖人の道を開いていないし、このわたしは聖人の道を開きながら聖人の素質を持たない。わたしは、そこで彼に聖人の道を教えようと思った。彼が果たしてほんとうに聖人になってくれたらと願ったが、そこまでいかなくても、聖人の道を聖人の素質のあるものに告げるのは、やはりやさしいことだろう。
by mteisi | 2016-04-21 07:30 | 荘子