2016年 04月 23日 ( 4 )
朝歌4月23日
c0169176_7361916.jpg

am6:45

c0169176_7364040.jpg

かたまりのかさなるしらくもあおすかし

c0169176_7372348.jpg

団雲白重白中有青
by mteisi | 2016-04-23 07:38 | 朝歌
c0169176_7304491.jpg

メイ な・ほまれ・なだかい・もじ
会意
祭肉と祝禱の器からなる。
子が生まれて三月になると、
家廟に告げる儀礼が行われる。
このとき名をつけ、
はじめて家族の一員になる。
by mteisi | 2016-04-23 07:34 | 語源で遊ぶ
萬葉集286
c0169176_7241975.jpg

八雲■(夾刂) 出雲子等 黑髪者 吉野川 奧名豆颯
八雲さす 出雲の子らの 黑髪は 吉野の川の おきになづさふ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2016-04-23 07:29 | 萬葉集
荘子227
c0169176_785192.jpg

四之四
已外生矣、而後能朝徹、朝徹而後能見獨、見獨而後能无古今、无古今而後能人於不死不生、殺生者不死、

已に生を外れて、而る後に能く朝徹す。朝徹して而る後に能く独を見る。独を見て而る後に能く古今なし。古今なくして而る後に能く不死不生に入る。生を殺す者は死せず、

生きているのを忘れるようになってから、はじめて朝徹の[—すなわち暁[対立のない]絶対の立場を見ることができ、絶対の立場から見てから、はじめて古今の差異を消すことができ、古今の差異が消えたから、はじめて生もなく死もない境地に入ることができた。生命を死滅させるものには死がない。
by mteisi | 2016-04-23 07:21 | 荘子