2016年 05月 06日 ( 4 )
朝歌5月6日
c0169176_8122817.jpg

am6:25

c0169176_8124784.jpg

はいぞらをくろくもおおいうごめきて

c0169176_8132927.jpg

灰白暗雲流過羽片
by mteisi | 2016-05-06 08:14 | 朝歌
c0169176_874137.jpg

ジュン したがう・おさめる・ただしい
形声
声符は川。
水を渡るときに安全を祈る儀礼を意味する字。
by mteisi | 2016-05-06 08:11 | 語源で遊ぶ
萬葉集298
c0169176_7563884.jpg

天平三年辛未秋七月大納言大伴卿薨之時歌六首
愛八師 榮之君乃 伊座勢婆 昨日毛今日毛 吾乎召麻之乎
はしきやし 榮えし君の いましせば きのふもけふも 吾を召さましを
如是耳 有家類物乎 芽子花 咲而有哉跡 問之君波母
かくのみに ありけるものを 萩の花 咲きてありやと 問ひし君はも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」3より
by mteisi | 2016-05-06 08:06 | 萬葉集
荘子240
c0169176_7365221.jpg

五之十
今、大冶鑄金、金踊躍曰、我且必爲■(金莫)■(金邪)、大冶必以爲不祥之金、今一犯之形、而曰人耳人耳、

今、大冶、金を鋳るに、金踊躍して、我れ且に必ずバクヤクたらんとすと曰わば、大冶は必ず以て不祥の金と為さん。今、一たび人の形に犯して、而も人ならんのみ人ならんのみと曰ば、

いますぐれた鋳物師が金物を鋳ようとするとき、その金がとびだして、『おれはどうしてもバクヤの名剣になるつもりだ、』といったとすれば、鋳物師はきっとそれを不吉な金物だと思うだろう。 [同じように、]いまたまたま人間の形にはまって出てきただけなのに、『いつまでも人間でいたい、いつまでも人間で居たい。』というとすれば、
by mteisi | 2016-05-06 07:54 | 荘子