2016年 06月 29日 ( 4 )
朝歌6月29日
朝歌6月29日_c0169176_7153167.jpg

am5:33

朝歌6月29日_c0169176_715533.jpg

やまかくしもやもやしろくいちめんに

朝歌6月29日_c0169176_7162499.jpg

隱山白霞百八無也
by mteisi | 2016-06-29 07:17 | 朝歌
百_c0169176_794850.jpg

ヒャク ひゃく・もも・もろもろ
指示
声符の白の上に、
一横線を加えて区別し、
数の百を示す字とする。
by mteisi | 2016-06-29 07:13 | 語源で遊ぶ
萬葉集351
萬葉集351_c0169176_784873.jpg

二年乙丑春三月幸三香原離宮之時得娘子作歌一首 并短歌 笠朝臣金村
三香乃原 客之屋取尒 珠桙乃 道能去相尒 天雲之 外耳見管 言將問 縁乃無者 情耳 咽乍有尒 天地 神祇辞因而 敷細乃 衣手易而 自妻跡 憑有今夜 秋夜之 百夜乃長 有与宿鴨
三香の原 旅のやどりに 玉桙の 道の行きあひに 天雲の 外のみ見つつ 言問はむ よしの無ければ 心のみ 咽せつつあるに 天地の 神祇辭よせて しきたへの 衣手かへて 己妻と たのめる今宵 秋の夜の 百夜の長く ありこせぬかも

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-06-29 07:09 | 萬葉集
荘子293
荘子293_c0169176_773146.jpg

七之二
謀報渾沌之徳、曰、人皆有七竅、以視聽食息、、此獨无有、甞試竅之、日鑿一竅、七日而渾沌死、

儵と忽と、渾沌の徳に報いんことを謀りて曰わく、人にな七竅ありて、以て視聽食息す。此れ独り有ることなし。甞試にこれを鑿たんと。日に一竅を鑿てるに、七日にして渾沌死せり。

儵と忽とはその渾沌の恩に報いようと相談し、「人間にはだれにも[目と耳と鼻と口との]七つの穴があって、それで見たり聞いたり食べたり息をしたりしているが、渾沌だけはそれがない。ためしにその穴をあけてあげよう」ということになった。そこで一日に一つずつ穴をあけていったが、七日たつと渾沌は死んでしまった。
by mteisi | 2016-06-29 07:07 | 荘子