2016年 09月 30日 ( 4 )
朝歌9月30日
朝歌9月30日_c0169176_7102641.jpg

am6:20

朝歌9月30日_c0169176_7104733.jpg

あめつづききょうもいちめんしろがすみ

朝歌9月30日_c0169176_7112025.jpg

今日雨継又空白霞
by mteisi | 2016-09-30 07:12 | 朝歌
継_c0169176_743299.jpg

ケイ つぐ・つなぐ・つづく
形声
旧字は繼に作り、けい声。
けいは糸を両断している形。
これを糸で継のを継という。
by mteisi | 2016-09-30 07:09 | 語源で遊ぶ
萬葉集444
萬葉集444_c0169176_731244.jpg

外居而 戀乍不有者 君之家乃 池尒住云 鴨二有益雄
外にゐて 戀ひつゝあらずは 君が家の 池に住むとふ 鴨にあらましを
大伴宿祢家持贈坂上家大嬢歌二首 離絶数年復會相聞徃來
萱草 吾下紉尒 着有跡 鬼乃志許草 事二思安利家理
萱草 吾が下紐に つけたれど 醜の醜草 言ににしありけり

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-09-30 07:03 | 萬葉集
孔子53
孔子53_c0169176_713191.jpg

二十
子曰、三年無改於父之道、可謂孝矣
子の曰わく、三年、父の道を改むること無きを、孝と謂うべし。
先生がいわれた、「[父が死んでから]三年の間、そのやりかたを改めないのは、孝行だといえる。」

二十一
子曰、父母之年、不可不知也、一則以喜、一則以懼、
子の曰わく、父母の年は知らざるべからず。一は則ち以て喜び、一は則ち以て懼る。
先生がいわれた、「父母の年齢は知っていなければいけない。一つにはそれで[長生きを]喜び、一つにはそれで[老い先きを]気づかうのだ。

二十二
子曰、古者、言之不出、恥躬之不逮也。
子の曰わく、言をこれ出さざるは、躬の逮ばざるを恥じてなり。
先生がいわれた、「昔の人がことばを[軽々しく]口にしなかったのは、実践がそれに追いつけないことを恥じたからだ。」

二十三
子曰、以約不之者、鮮矣、
子の曰わく、約を以てこれを失する者は、鮮なし。
先生がいわれた、「つつましくしていて失敗する人は、ほとんどない。」
by mteisi | 2016-09-30 07:01 | 孔子