2016年 10月 07日 ( 4 )
朝歌10月7日
朝歌10月7日_c0169176_81467.jpg

am6:04

朝歌10月7日_c0169176_812334.jpg

あさぞらのかそけきくものあやきよし

朝歌10月7日_c0169176_821534.jpg

清晨杲天雲容深微
by mteisi | 2016-10-07 08:04 | 朝歌
革_c0169176_7582816.jpg

カク かわ・あらためる
象形
獣の革をひらいた形。
皮革をいう。
by mteisi | 2016-10-07 07:59 | 語源で遊ぶ
萬葉集451
萬葉集451_c0169176_748111.jpg

事耳乎 後毛相跡 懃 吾乎令憑而 不相可聞 
言のみを 後もあはむと ねもころに 吾をたのめて あはざらむかも
夢之相者 苫有家里 覺而 掻探友 手二毛不所觸友
夢のあひは 苦しかりけり 覺きて かきさぐれども 手にも觸れねば

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-10-07 07:57 | 萬葉集
孔子60
孔子60_c0169176_7273616.jpg


子謂子貢曰、女與囘也孰愈、對曰、賜也何敢望囘、囘也聞一以知十、賜也聞一以二、子曰、弗如也、吾與女弗如也、
子、子貢に謂いて曰わく、女と回と孰れか愈れる。対えて曰わく、賜や、何ぞ敢えて回を望まん。回や一を聞きて以て十を知る。賜や一を聞きて以て二を知る。子の曰わく、如かざるなり。吾れと女と如かざるなり。
先生が子貢に向かっていわれた、「お前と回とは、どちらがすぐれているか。」お答えして、「賜(このわたくし)などは、どうして回を望めましょう。回は一を聞いてそれで十をさとりますが、賜などは一を聞いて二がわかるだけです。」先生はいわれた、「及ばないね、わたしもお前といっしょで及ばないよ。」
by mteisi | 2016-10-07 07:46 | 孔子