2016年 10月 15日 ( 4 )
朝歌10月15日
朝歌10月15日_c0169176_8162353.jpg

am7:15

朝歌10月15日_c0169176_8171731.jpg

あおぞらにしらくもうかべいいてんき

朝歌10月15日_c0169176_8175632.jpg

青天白雲天気上々
by mteisi | 2016-10-15 08:18 | 朝歌
占_c0169176_8121627.jpg

セン うらなう・しめる
会意
卜と口・サイからなる。
卜は甲骨による卜兆の形。
口はサイで祝禱を収める器。
神に祈りながら卜問することを占という。
by mteisi | 2016-10-15 08:15 | 語源で遊ぶ
萬葉集459
萬葉集459_c0169176_825419.jpg

大伴田村家之大嬢贈坂上大嬢歌四首
外居而 戀者苦 吾妹子乎 次相見六 言許爲与
よそにゐて 戀ふれば苦し 吾妹子を つぎてあひ見む 事はかりせよ
遠有者 和備而毛有乎 里近 有常聞乍 不見之爲便奈紗
遠くあらば わびてもあらなむ 里近く ありと聞きつつ 見ぬがすべなさ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-10-15 08:11 | 萬葉集
孔子68
孔子68_c0169176_7411951.jpg

十九之二
崔子弑齊君、陳文子有馬十乗、棄而違之、至於他邦、則曰、猶吾大夫崔子也、違之、至一邦、則又曰、猶吾大夫崔子也、違之、何如、子曰、清矣、曰、仁矣乎、曰、未知、焉得仁、
崔子、斉の君を弑す。陳文子、馬十乗あり、棄ててこれを違る。他邦に至りて、則ち又た曰わく、猶お吾が大夫崔子がごときなりと。これを違る。一邦に至りて、則ち又曰わく、猶お吾が大夫崔子がごときなりと。これを違る。何如。子の曰わく、清し。曰わく、仁なりや。曰わく、未だ知ならず、焉んぞ仁になることを得ん。
崔子が斉の君を殺したとき、陳文子は四十頭の馬を持っていたが、それ[だけの地位]をすてて[斉の国を]たち去りました。よそに国に行きつくと、『やはりうちの家老の崔子と同じことだ。』といってそこを去り、別の国にゆくと、また『やはりうちの家老の崔子と同じことだ。』といってそこを去りました。いかがでしょうか。」先生はいわれた、「清潔だね。」「仁でしょうか。」というと、「智者ではない、どうして仁といえよう。」といわれた。
by mteisi | 2016-10-15 08:02 | 孔子