2016年 10月 16日 ( 4 )
朝歌10月16日
朝歌10月16日_c0169176_832347.jpg

am6:56

朝歌10月16日_c0169176_841074.jpg

あめあがりくもうっすらあおみさし

朝歌10月16日_c0169176_85488.jpg

雨上雲毛淡青味指
by mteisi | 2016-10-16 08:06 | 朝歌
芻_c0169176_7593088.jpg

スウ・ス かりくさ・まぐさ・まぐさかう
象形
卜文の字形は、
又(手)中に両屮を挟む形に作り、
草を刈り、
まぐさかう形。
by mteisi | 2016-10-16 08:02 | 語源で遊ぶ
萬葉集460
萬葉集460_c0169176_751559.jpg

白雪之 多奈引山之 高高二 吾念妹乎 將見因毛我母
白雪の たびなく山の たかだかに 吾が思ふ妹を 見むよしもがも
何 時尒加妹乎 牟具良布能 穢屋戸尒 人將座
いかならむ 時にか妹を 葎布の きたなきやどに 入りいませなむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-10-16 07:57 | 萬葉集
孔子69
孔子69_c0169176_7314491.jpg

廿
季文子三思而後行、子聞之曰、再思斯可矣、
季文子、三たび思いて而る後に行なう。子、これを聞きて曰わく、再びせば斯れ可なり。
季文子は三度考えてからはじめて実行した。先生はそれを聞かれると、『二度考えたらそれでよろしいよ。[考えすぎはよくない。]といわれた。

廿一
子曰、甯武子、邦有道則知、邦無道則愚、其知可及也、其愚不可及也、
子の曰わく、甯武子、邦に道あれば則ち知、邦に道なければ則ち愚。其の知は及ぶべきなり、其の愚は及ぶべからずなり。
先生がいわれた、[甯武子は、国に道のあるときは智者で、国に道のないときは愚かであった。その智者ぶりはまねができるが、その愚かぶりはまねができない。」
by mteisi | 2016-10-16 07:47 | 孔子