2016年 10月 17日 ( 4 )
朝歌10月17日
朝歌10月17日_c0169176_813375.jpg

am6:40

朝歌10月17日_c0169176_814719.jpg

くものあやぎょぐんせんだんべにまぜて

朝歌10月17日_c0169176_816890.jpg

雲彩交紅魚群戦団
by mteisi | 2016-10-17 08:18 | 朝歌
狂_c0169176_835049.jpg

キョウ くるう
形声
正字の旁は王の上に止(足)を加える形。
王は鉞頭なので、
出発の時、
呪器の鉞頭の上に足を乗せる儀礼をし、
その霊力を授かったのであろう。
その霊力を誤って作用するものを狂という。
by mteisi | 2016-10-17 08:12 | 語源で遊ぶ
萬葉集461
萬葉集461_c0169176_7512270.jpg

 右田村大嬢坂上大嬢並是右大辨大伴宿奈麻呂卿之女也。卿居田村里。号曰田村大嬢。但妹坂上大嬢者母居坂上里。仍曰坂上大嬢。于時姉妹諮問以歌贈答。
大伴坂上郎女從竹田庄贈女子大嬢歌二首
打渡 竹田之原尒 鳴靏之 間無時無 吾戀良久波
うちわたす 竹田の原に 鳴く鶴の 間無く時なし 吾が戀ふらくは

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-10-17 08:03 | 萬葉集
孔子70
孔子70_c0169176_7353865.jpg

廿二
子在陳曰、歸與歸與、吾黨子小子狂簡、斐然成章、不知所以裁之也、
子、陳に在して曰わく、帰らんか、帰らんか。吾が党の小子、狂簡、斐然として章を成す。これを裁する所以を知らざるなり。
先生は陳の国でいわれた、[帰ろうよ、帰ろうよ。うちの村の若ものたちは志しが大きく、美しい模様を織りなしてはいるが、どの様に裁断したらよいかわからないでいる。[帰ってわたしが指導しよう。]」

廿三
子曰、伯夷叔齊、不念𦾔悪、怨是用希、
子の曰わく、伯夷・叔斉、旧悪を念わず。怨み是を用て希なり。
先生がいわれた、「伯夷と叔斉は、[清廉で悪事をにくんだ人だが]古い悪事をいつまでも心にとめなかった。だから怨まれることも少なかった。」
by mteisi | 2016-10-17 07:50 | 孔子