2016年 10月 23日 ( 4 )
10月23日
c0169176_7284849.jpg

am6:47

c0169176_729223.jpg

くもかさねしろねずあおとなかのよき

c0169176_7301569.jpg

雲重良仲白鼠青灰
by mteisi | 2016-10-23 07:31 | 朝歌
c0169176_7255411.jpg

フ・フウ とむ・ゆたか・さかん
形声
声符は畐。
畐は酒樽のように器腹の大きい器の形で、
充足するの意がある。
by mteisi | 2016-10-23 07:28 | 語源で遊ぶ
萬葉集467
c0169176_725938.jpg

夢尒谷 將所見常吾者 保杼毛友 不相志思者 諾不所見有武
夢にだに 見えむと吾は ほど とも わひし思はねば うべ見えざらぬ
事不問 木尚味狭藍 諸弟等之 練乃村戸二 所詐來
言問はぬ 木すら紫陽花 諸弟らが 練のむらへに 詐かえけり

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-10-23 07:25 | 萬葉集
孔子76
c0169176_7235455.jpg


子華使於齊、冉子爲其母請粟、子曰、與之釜、請益、曰與子庾、冉子與之粟五秉、子曰、赤之適齊也、乘肥馬、衣輕裘、吾聞之也、君子周急不繼富、
子華、斉に使いす。冉子、其の母の為めに粟を請う。子の曰わく、これに釜を与えよ。益さんことを請う。曰わく、これに庾を与えよ。冉子、これに五秉を与う。子の曰わく、赤の斉に適くや、肥馬に乗りて軽裘を衣たり。吾れこれを聞く、君子は急を周うて富めるに継がずと。
子華が[先生の用事で]斉に使いにいった。冉子はその[留守宅の]母親のために穀物をほしいとねがった。先生は「釜の分量だけあげなさい。」といわれたので、増してほしいとながうと「庾の分量だけあげなさい。」といわれた。冉子は[独断で]五秉の穀をとどけた。先生はいわれた、「赤が斉に出かけたときは、立派な馬に乗って軽やかな毛皮を着ていた。わたくしの聞くところでは、君子は困っているものを助けるが金持ちにたしまえはしないものだ。」
by mteisi | 2016-10-23 07:24 | 孔子