2016年 10月 27日 ( 4 )
朝歌10月27日
朝歌10月27日_c0169176_835972.jpg

am6:38

朝歌10月27日_c0169176_841492.jpg

やまぎわのくものたなびきよきひより

朝歌10月27日_c0169176_845246.jpg

山際雲影佳日和平
by mteisi | 2016-10-27 08:05 | 朝歌
巳_c0169176_814865.jpg

シ やむ・ああ・み
象形
蛇の形。
十二支の第六「み」に用いる。
by mteisi | 2016-10-27 08:02 | 語源で遊ぶ
萬葉471
萬葉471_c0169176_7494939.jpg

黑樹取 草毛苅乍 仕目利 勧和氣登 將譽十方不有
黑木取り 草も刈りつつ 仕へめど 勤しきわけと 譽めむともあらじ
野干玉能 昨夜者令還 今夜左倍 吾乎還莫 路之長手呼
ぬば玉の 昨夜はかへしつ 今宵さへ 吾をかへすな 路のながてを

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-10-27 08:01 | 萬葉集
孔子80
孔子80_c0169176_728016.jpg

十一
子曰、賢哉囘也、一簞食、一瓢飮、在陋巷、人不堪其憂、囘也不改其樂、賢哉囘也、
子の曰わく、賢なるかな回や。一簞の食、一瓢の飲、陋巷に在り。人は其の憂いに堪えず、回や其の楽しみを改めず。賢なるかな回。
先生がいわれた、「えらいものだね、回は。竹のわりこ一杯のめしとひさごのお椀一杯の飲みもので、せまい路地のくらしだ。他人ならそのつらさにたえられないだろうが、回は[そうした食窮の中でも]自分の楽しみを改めようとしない。えらいものだね、回は。」

十二
冉求曰、非不説子之道、力不足也、子曰、力不足者、中道而廢、今女畫、
冉求が曰く、子の道を説ばざるには非ず、力足らざればなり。子の曰わく、力足らざる者は中道にして廃す。今女は画れり。
冉求が「先生の道を[学ぶことを]うれしく思わないわけではありませんが、力が足りないのです。」といったので、先生はいわれた、「力の足りないものは[進めるだけは進んで]中途でやめることになるが、今お前は自分から見きりをつけている。」
by mteisi | 2016-10-27 07:48 | 孔子