2016年 10月 29日 ( 4 )
朝歌10月29日
朝歌10月29日_c0169176_7355318.jpg

am6:30

朝歌10月29日_c0169176_736540.jpg

うぶぞらのやわらぎひろくただよいて

朝歌10月29日_c0169176_7364621.jpg

初明空開広々漂々
by mteisi | 2016-10-29 07:38 | 朝歌
孟_c0169176_7284567.jpg

モウ・ボウ はじめ・としかさ
会意
子と皿からなる。
生まれた子に産湯をつかわせている形。
古文の字形は呆の形に作る。
呆は生子儀礼を示し、
受霊の意味をもつ字である。
生まれて最初の儀礼であるから、
始めの意となり、
兄弟やその他の序列にも及ぼし、
最長・最先の意となる。
by mteisi | 2016-10-29 07:35 | 語源で遊ぶ
萬葉集473
萬葉集473_c0169176_7214653.jpg

打乍二波 更毛不得言 夢谷 妹之手本乎 纒宿常思見者
現には 更にも得云はじ 夢にだに 妹がたもとを まき寝とし見ば
吾屋戸之 草上白久 置露乃 壽母不有惜 妹尒不相有者
吾がやどの 草の上白く 置く露の 命も惜しからず 妹にあはずあれば

澤瀉久孝著「万葉集注釈」4より
by mteisi | 2016-10-29 07:28 | 萬葉集
孔子82
孔子82_c0169176_761421.jpg

十五
子曰、孟之反不伐、奔而殿、將入門、策其馬曰、非敢後也、馬不進也、
子の曰わく、孟子反、伐らず、奔って殿たり。将に門に入らんとす。其の馬に策って曰わく、敢えて後れたるに非ず、馬進まざるなり。
先生がいわれた、「孟子反は功を誇らない。敗走してしんがりをつとめたが、いよいよ[自国の]城門に入ろうとしたとき、その馬をむちでたたいて『後手をつとめようとしたわけではない。馬が走らなかったのだ。』といった。」

十六
子曰、不有祝■(魚它・だ)之佞、而有宋朝之美、難乎、免於今之世矣、
子の曰わく、祝だの佞あらずして宋朝の美あるは、難いかな、今の世に免れんこと。
先生がいわれた、「祝だのような弁説がなくて宋朝のような美貌があるだけなら、むつかしいことだよ、今の時世を無事におくるのは。」
by mteisi | 2016-10-29 07:21 | 孔子