2017年 01月 24日 ( 4 )
朝歌1月24日
c0169176_82214.jpg

am7:18

c0169176_824013.jpg

ふかねずにあかくもそめてあやしぞら

c0169176_824320.jpg

深鼠染赤素羅妖艶
by mteisi | 2017-01-24 08:04 | 朝歌
c0169176_7512839.jpg

ゾク そこなう・ころす・わるもの
正字はもと鼎にしたがう字で、
鼎と戎からなる。
鼎側に刀で刻まれた銘文を則といい、
この字の鼎は鼎銘のことをいう。
鼎銘は重要な誓約のことで、
それを戎(戈干・ほことたて)の武器で、
削り取る行為を賊といい、
鼎銘を破棄する行為をいう。
by mteisi | 2017-01-24 08:01 | 語源で遊ぶ
萬葉集558
c0169176_7503334.jpg

水沫奈湏 微命母 𣑥縄能 千尋尒母何等 慕久良志都
水沫なす もろき命も 𣑥縄の 千尋にもがと ねがひ暮らしつ
倭文手纏 身尒波在等 千年尒母何等 意母保由留加母
しつ手纏 數にもあらぬ 身にはあれど 千年にもがと 思ほゆるかも
by mteisi | 2017-01-24 07:51 | 萬葉集
孔子169
c0169176_7493086.jpg

廿五
子路使子羔爲費宰、子曰、賊夫人之子、子路曰、有民人焉、有社稷焉、何必讀書然後爲學、子曰、是故悪夫佞者、
子路、子羔をして費の宰たらしむ。子の曰わく、夫の人の子を賊わん、子路が曰わく、民人あり、社稷あり、何ぞ必らずしも書を讀みて然る後に學と爲さん。子の曰わく。是の故に夫の佞者を悪む。
子路が[季子の宰であったとき、推薦して]子羔を費の土地の宰(封地のとりしまり)とならせた。先生が「あの[勉強ざかりの]若ものをだめにしよう。」といわれると、子路は「人民もあり、社稷もあります。書物を読むことだけで学問が限ることもないでしょう。」といった。先生はいわれた、「これだからあの口達者はきらいだ。」
by mteisi | 2017-01-24 07:49 | 孔子