2017年 02月 28日 ( 4 )
朝歌2月28日
c0169176_855731.jpg

am6:45

c0169176_861175.jpg

みずいろにあおいろうすめそらしずか

c0169176_864234.jpg

靑如明水静安一始
by mteisi | 2017-02-28 08:07 | 朝歌
c0169176_7572834.jpg

セイ・セ よ・よのなか・とし
象形
分かれた木の枝に芽が出ている形。
金文は止字形の上の縦三画にそれぞれ肥点を加えており、
木の枝の新芽が出ている形。
それによって、
新しい時期・世代をあらわす。
by mteisi | 2017-02-28 08:01 | 語源で遊ぶ
萬葉集594
c0169176_7445341.jpg

反歌一首
梅柳 過良久惜 佐保乃内尒 遨事乎 宮動々尒
梅柳 過ぐらく惜しみ 佐保のうちに 遊びし事を 宮もとどに
 右神龜四年正月數王子及諸臣子等、集於春日野、而作打つ毬之樂。其日忽天陰雨電雷。此時宮中無侍及侍衞。勅行刑罸皆散禁於授刀寮、而妄不得出道路。于時悒憤卽作斯歌。 作者未詳
by mteisi | 2017-02-28 07:56 | 萬葉集
孔子204
c0169176_7353961.jpg

十二
子曰、如有王者、必世而後仁、
子の曰わく、如し王者あるも、必ず世にして後に仁ならん。
先生がいわれた、「もし[天命をうけた]王者がでても。[今の乱世では]きっと一代(三十年)たってからはじめて仁[の世界]になるだろう。

十三
子曰、苟正其身矣、於從政乎何有、不能正其身、如正人何、
子の曰わく、苟くも其の身の正しくせば、政に從うに於いて何か有らん。其の身を正しくすること能わざれば、人を正しくすること如何せん。
先生がいわれた、「もしわが身を正しくさえするなら、政治をするぐらいは何でもない。わが身を正しくすることもできないのでは、人を正すことなどどうなろう。」
by mteisi | 2017-02-28 07:44 | 孔子