2017年 03月 02日 ( 4 )
朝歌3月2日
朝歌3月2日_c0169176_821952.jpg

am7:16

朝歌3月2日_c0169176_8212715.jpg

くわくわとなくこえきこゆあけのそら

朝歌3月2日_c0169176_8215576.jpg

九八鍬十七九麻空
by mteisi | 2017-03-02 08:23 | 朝歌
幾_c0169176_8144271.jpg

キ きざし・かすか・あやうい・いく
会意
幺幺と戈からなる。
幺幺は卜文・金文では絲の初文。
これを兵器である戈につけるのは、
呪飾としての意味をもつ。
これで邪悪を祓う。
by mteisi | 2017-03-02 08:20 | 語源で遊ぶ
萬葉集595
萬葉集595_c0169176_834782.jpg

韓衣 服楢乃里之 嬬待尒 玉乎師付牟 好人欲得
韓衣 著奈良の里の つま松に 玉をしつけむ よき人もがも
竿將去 鳴奈流山乎 越將去 日谷八君 當不相將者
さを牡鹿の 鳴くなる山を 越えゆかむ 日だにや君が はた逢わざらむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-03-02 08:14 | 萬葉集
孔子206
孔子206_c0169176_7414396.jpg

十五
定公問、一言而可以與邦有諸、孔子對曰、言不可以若是、其幾也、人之言曰、爲君難、爲臣不易、如知爲君子難也、不幾乎、一言而興邦乎、曰、一言而可以喪邦有諸、

定公問う。一言にして以て與こすべきこと諸れ有りや。孔子對えて曰わく、言は以も是くの若くなるべからざるも、其れ幾きなり。人の言に曰わく、君たること難し、臣たること易からずと。如し君たることの難きこと知らば、一言にして邦を興こすに幾かrずや。曰わく、一言にして邦を喪ぼすべきこと諸れ有りや。

定公が「ひとことで国をさかんにできるということがあるだろうか。」とたずねられた。孔子はお答えになった、「ことばはそうしたものではありませんが、まあ近いものはあります。だれかのことばに『君主であることはむつかしい、臣下であることもやさしくない。』とありますが、もし君主であることのむつかしさが分かるというのであれば、[このことばは]ひとことで国を滅ぼせるということがあるだろうか。」
by mteisi | 2017-03-02 08:03 | 孔子