2017年 03月 04日 ( 4 )
朝歌3月4日
c0169176_824527.jpg

am7:18

c0169176_8251740.jpg

あおぞらにうすぐもわたしやわぐけさ

c0169176_8261895.jpg

青空亘雲和敬今朝
by mteisi | 2017-03-04 08:27 | 朝歌
c0169176_819453.jpg

ソウ しぬ・も・うしなう・ほろぼす
会意
哭と亡からなる。
哭は祝禱を収める器の口(さい)を二つ並べ、
犬牲を供えて哀哭する意。
亡は死者の形。
喪葬の際、
サイを並べ犬牲を供えて死者に対して、
哀哭することをいう。
by mteisi | 2017-03-04 08:24 | 語源で遊ぶ
萬葉集597
c0169176_89027.jpg

帥大伴卿和歌一首
八隅知之 吾大王乃 御食國者 日本毛此間毛 同登曾念
やすみしし 吾が大君の をす國は 大和もここも 同じとぞ思ふ

冬十一月、大宰官人等、奉拜香椎廟訖退歸之時、馬駐于香椎浦各述懐作歌。
帥大伴卿歌一首
去來兒等 香椎乃滷尒 白妙之 袖左倍所沾而 朝菜採手六
いざ子ども 白たへの 袖さへぬれて 朝菜摘みてむ

澤瀉久孝著「万葉集注釈」6より
by mteisi | 2017-03-04 08:19 | 萬葉集
孔子208
c0169176_15122074.jpg

十六
葉公問政、子曰、近者説、遠者來、
葉公、政を問う、子の曰わく、近き者説ぎ遠き者来たる。
葉公が政治のことをたずねた。先生はいわれた、「近くの人々は悦び、遠くの人々は[それを聞いて慕って]やってくるように。」

十七
子夏爲莒父宰、問政、子曰、毋欲速、毋見小利、欲速則不達、見小利則大事不成、
子夏、莒父び宰と為りて、政を問う。子の曰わく、速かならんと欲すること毋かれ。小利を見ること毋かれ。速かならんと欲すれば則ち達っせず。小を見れば則ち大事成らず。
子夏が[魯の町]莒父の宰[とりしまり]となって政治のことをおたずねした。先生はいわれた、「早く成果をあげたいと思うな。小利にとらわれるな。早く成果をあげたいと思うと成功しない。小利に気をとられると大事はとげられない。」
by mteisi | 2017-03-04 08:08 | 孔子